アドセンス審査に合格するためにしたことまとめ!

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

先日アドセンス審査合格の審査基準について考察しました。

今回はアドセンス審査に合格するためにHIROがしたことをまとめました。

この記事を読んでほしい方
  • アドセンス審査に挑むブロガー
  • アドセンス審査に向けてどうしたらいいかわからない方
この記事を読んでわかること
  • アドセンス審査に合格するために最低限すること

アドセンス審査に合格するためにしたこと

HIROがアドセンス審査に合格するためにしたことをまとめていきます。

あくまで一例です。

そっくりそのままやれば合格するわけではありません。

しかし、合格する確率は格段に上がります。

1.有料ブログの開設

現在、無料ブログではアドセンス審査を受けることができません。

有料で独自ドメインというものを取得しましょう。

はてなブログで始める場合は独自ドメインを取得するだけで構いません。

しかし、WordPressでブログを開設する場合、サーバーも自分で用意します。

HIROはWordPressで記事を書いているのでWordPressでの準備の仕方を紹介します。

レンタルサーバーを契約する・Xserver

さまざまなレンタルサーバーが存在しますが、有名で安定した「Xserver」を利用しています。

Xserverのサイトに行き、申し込めばオッケーです。

やり方は以下のサイトをご覧ください。

初心者でも迷わない!エックスサーバーでWordPressブログを開始するまでの完全ガイド – 2019年3月

このサイトを参考に申し込みをすれば簡単に契約することができます。



エックスサーバーはこちら

独自ドメインを取得する・ムームードメイン

ムームードメインというサイトで独自ドメインを取得しました。

お名前.comなどいろいろなサイトから独自ドメインは取得できます。

自分が調べたサイトでムームードメインをオススメしていたのでムームードメインにしました。

初心者でも使いやすい、わかりやすいのが利点かと思います。



ムームードメインのサイトはこちら

レンタルサーバーを契約し、独自ドメインを取得しいよいよブログを書き始めます。

2.固定ページの設置

簡単に言うと、カテゴリや月別アーカイブに属さないページになります。

独立したページとなるので、これらのページには

「このブログはこのようなブログですよ」

というブログ紹介の記事を書いたりします。

そして、アドセンス審査に合格するには何ページか固定ページを設置する必要があります。

それを一つ一つ紹介していきます。

2.1.プライバシーポリシー

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシー (英語: privacy policy) は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。

引用元:プライバシーポリシー – Wikipedia

アドセンスで広告収入を得るということは、大げさに言えば個人事業主です。

事業である以上、訪れた人の個人情報をどう扱うのかきちんと明記する必要があります。

プライバシーポリシーについてGoogle AdSenseではこのように述べられています。

サイトのプライバシー ポリシーについて
プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。
第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。
サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices.org をご覧ください。

引用元:必須コンテンツ – AdSenseヘルプ

長文で読む気になれませんが、要約すると以下の通り。

  • GoogleやAdSense広告主はCookieを使用して表示する広告を決めていますと記載すること
  • www.aboutads.info にアクセスすると、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができることを記載すること

もっとかみ砕いて言えば、読者に対して

「あなたが閲覧しているwebサイトの傾向を利用してますよ」

「それが嫌ならば、無効にできますよ」

と記載してくださいということです。

また、広告収入を得る際に必要になってくるツールが

Google Analyticsです。

 

Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

これにより、

「自分のブログにどれだけ読者が来てくれているか」

などのアクセス解析をすることができます。

収益を伸ばすために大変重要なツールです。

こちらにもプライバシーポリシーに関する規約があります。

7. プライバシー

お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。この情報の開示は、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ(www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/ や、Google が随時提供するその他の URL)へのリンクを目立つように表示することで実施可能です。お客様は訪問者の端末上での Cookie やその他の情報の保存や、そうした情報へのアクセスについて、そうした行為が本サービスに関連して発生する場合、およびかかる行為に関する情報の提供と訪問者からの同意が法律で求められている場合は、訪問者に明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るように商業上合理的な努力を払うものとします。お客様は、本サービスの一部であるプライバシー機能(たとえば、オプトアウトなど)を回避してはなりません。お客様は、Google アナリティクスおよび特定の DoubleClick ならびに Google の広告サービスの統合バージョン(「Google アナリティクス広告向け機能」)を利用することができます。お客様が Google アナリティクス広告向け機能を利用される場合、Google アナリティクス広告向け機能に関するポリシー(support.google.com/analytics/bin/answer.py?hl=en&topic=2611283&answer=2700409 に従うものとします。お客様の、いかなる DoubleClick または Google の広告サービスへのアクセス、およびそれらの使用も、当該サービスに関するお客様と Google との間の該当する規定に従うものとします。Google アナリティクス 360 スイート ポータルを使用する場合は、https://360suite.google.com/terms(または Google が指定したその他の URL)に掲載されている Google アナリティクス 360 スイート ポータル利用規約(規約が改名された場合は、改名後の規約)に則って使用するものとします。この利用規約(「スイート ポータル利用規約」)は随時改訂されることがあります。本サービスの利用は、スイート ポータル利用規約の第 2 条に基づき、引き続き本契約に則るものとします。

引用元:Google アナリティクス利用規約

要約すると、

アクセス解析をするということは読者のアクセス履歴を利用することになります。

アクセス履歴もプライバシー情報です。

なので、その情報を利用しますよということも記載します。

 

他にも、

「Amazonアソシエイト」などのアフィリエイトを利用する場合もプライバシーポリシーを書かなければいけません。

 

読者の声
読者の声
プライバシーポリシーを設置しなければいけない理由はわかった。でもどうやるの?

 

もちろん、自分で書いてもいいと思いますが、とても大変です。

それに、正直何を書いたらいいかわからないと思います。

 

そこで!

「プライバシーポリシー アドセンス 雛形」と検索してみましょう。

すると、雛形といってテンプレートを載せている記事があります。

それをコピペしてプライバシーポリシーを設置しましょう。

 

2.2.お問い合わせフォーム

読者がブログ運営者とコンタクトする方法が必要ですから、お問い合わせフォームが必要になります。

これによりブログの信頼性も上がります。

WordPressの初期設定にはお問い合わせフォームは存在しません。

プラグインというスマホでいうアプリのようなものを利用します。

お問い合わせフォームの作り方

WordPressのダッシュボードのプラグインから新規追加をクリックします。

プラグインの検索で「Contact Form 7」と検索します。

今すぐインストール→有効化をクリックします。

これでお問い合わせフォームは設置完了です。

細かい設定は以下のサイトを参考にしてください。

2.3.プロフィール

プロフィールは絶対に設置する必要はありません。

しかし、ブログを読んでくださる方=あなたのファンです。

あなたのことをあまりよく知らなければファンになってくれません。

プロフィールの固定ページを作ることは大変重要です。

さらに、Google AdSenseが求める「ユーザーの利便性を考慮したサイト構成」

これを満たすためにはプロフィールを設置するべきです。

3.サイトマップの設置

サイトマップもあったほうがいいという程度のものです。

サイトマップもGoogle AdSenseが求める「ユーザーの利便性を考慮したサイト構成」を満たすという理由から必要です。

設置の仕方はお問い合わせフォームを設置したときと同様にプラグインを使います。

HIROは「PS Auto Sitemap」というプラグインを利用しています。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

4.グローバルメニューの設置

グローバルメニューはブログのヘッダーに挿入するメニューバーです。

画像の灰色のメニューの部分のことです。

ユーザーが記事を見易くする為に良く言われているのが、
「2クリック以内でトップページからサイト内の全てのページにアクセス出来るようにする」です。

これをうまく満たすにはグローバルメニューはもってこいです。

グローバルメニューに設置する項目は2クリック以内で全記事にアクセスできるように設置します。

・固定ページ
・サイトマップ
・カテゴリ

これぐらいでいいと思います。

記事を書く

次にブログの中身である記事を書きます。

読者の声
読者の声
自分の思いを表現したい、言葉で表したい!

というモチベーションで始める方多いです。

しかし、自分の書きたい記事をただひたすら書くだけではアドセンス審査に合格するような記事を構成できません。

自分が書きたいことはいくつかあると思います。

では、どのように記事を書いたらよいのでしょうか?

注意点はいくつかあります。

記事を書くときの注意点

記事を書くときの注意点ですが、あくまでアドセンス審査に合格するまでの期間のことです。

カテゴリを絞る

雑記ブログではいろいろなカテゴリで記事を書けることが強みです。

しかし、アドセンス審査においてカテゴリが多いと専門性がなくユーザーに不利益だと判断されます。

アドセンス審査に向けて一つのカテゴリに絞って記事を書きましょう。

1500~2000字を目指して書く

コンテンツの中身が薄ければ、読む意味のない記事と判断されます。

大体、1500字以上を目指して書きましょう。

画像はフリー素材を使う

画像を挿入することで、記事にアクセントが出ます。

ユーザーもイメージがわきやすいです。

なので、画像は挿入するべきです。

しかし、フリー素材を利用しましょう。

著作権等の問題が発生しますから、気を付けましょう。

HIROはこちらのサイトからフリー素材をダウンロードしています。

写真素材なら「写真AC」


まとめ

いかがでしたか?

アドセンス審査のために準備することが多く感じるかもしれません。

しかし、それさえ乗り切ればアドセンス審査に合格間違いなしです。

頑張ってみましょう!!

質問等ございましたら、twitterやお問い合わせフォームからお尋ねくださーい!