大学生一人暮らしにおすすめのやりやすい節約術

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

前回の記事から私HIROは生活費の平均よりも少ない生活費で過ごせていることがわかりました。

【実例】大学生の一人暮らしの生活費はこちら!こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。 今回の記事では 実際、一人暮らしをしている大学生のHIROが実例として私の生活費...

 

なにかしらの節約術があるのでは?

と思い、自分なりの節約術をまとめてみました。


食費は1日1,000円で抑えると心がける

この心がけを常々持っておくことが大事です。

例えば、友達とごはんに行ったとします。
そこでお金を使うことは仕方のないことだし、使っていいと思います。

大事なのはほかの日で帳尻を合わせることです。

HIRO
HIRO
一日1,000円にしよう!でも、昨日は友達とごはんに行って使いすぎたから節約しよう
HIRO
HIRO
明後日は友達とごはんだから、今日は節約しよう

この心がけを持つか持たないかそれだけでも節約の効果はあります。

飲食店でアルバイト

飲食店でアルバイトをすることで食費を節約しています。

店の遅番に入ることで、まかないを晩ご飯としていただきます。

それに加えて、私のアルバイト先ではあまった料理を持って帰ることができます。

ハンバーグや生姜焼き、サーモンの天ぷら、唐揚げなどおかずをもらってます。

それを、次の日の昼ご飯もしくは晩ご飯のおかずにすることで食費を節約してます。


飲み物は水筒で持参

授業を受ける際、ほとんどの学生が飲み物をコンビニや購買で買っています。

しかし、私はコーヒーやお茶を水筒に入れて持参します。

これだけで一日150円は節約できます。

これを毎日続ければ、一か月で4500円節約できます。

一年続ければ、54,000円になります。

結構大きな金額ですよね。

毎日とはなかなかいかないと思いますが、是非水筒を持ち歩くようにしてください。

おすすめのコーヒーの水筒の記事は後日紹介します。

図書館で過ごす

家にいると電気をつけたり、暖房器具をつけたりするので電気代を使います。

なので、図書館で過ごすようにしています。

同じ勉強をするなら、家ではなく図書館のほうが電気代を節約できます。

家計簿をつける

家計簿をつけて、毎日の支出を把握することで、使い過ぎを防ぐことができます。

家計簿帳を買って書いてもいいですし、アプリで管理してもいいです。

とにかく何円使ったかを頭に入れておくことが大事です。

節約の第一歩と言えるでしょう。

日々の支払いをクレジットカードで払う

日常の細かい支払いをクレジットカードで払うことで、ポイントをためることができます。

さらに、私の使っている楽天カードですと、使った金額がメールで届きます。

また、楽天のアプリに家計簿がついていて、

クレジットカードの使用履歴をそのまま家計簿に移すことができてとても便利です。

使った金額をアプリですぐ確認できるのでおすすめです。

楽天カードを持つことのメリットはまた記事にします。

一番おすすめの節約法は…

一番おすすめの節約法はズバリ!

クレジットカードです。

使った金額をレシートをもらわずに管理できるのが何よりも強みです。

家計簿をつけるのはなかなか億劫で、三日坊主となってしまいます。

しかし、クレジットカードの履歴は勝手に残るので、非常に便利ですし、節約を続けやすいです。

クレジットカードを一つ持っておくことで節約以外にもメリットがたくさんあるからです。

まとめ

さまざまな節約方法がありますが、クレジットカードを持つことが一番手っ取り早く、やりやすいです。

持っていない方は作ってみましょう。

持ってる方は財布に眠ったままにせず、積極的に使いましょう。

 

本当に節約したのなら、まず家計簿をつけましょう。

自分の支出を知ることが節約の第一歩です!