楽天ペイの使い方を徹底解説!こんな人に楽天ペイはおすすめ!

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です

最近流行りのコード決済
LINEpay」や「paypay」と同じく「楽天ペイ」もコード決済サービスの中で人気です

 

国内利用者数や使える店舗も多く、便利な楽天ペイについて使い方を徹底解説します

 

始めに楽天ペイの使い方を解説します

次に、楽天ペイの特徴をまとめます

最後に、どんな方に楽天ペイが合っているのか、楽天ペイと一緒に利用するといいサービスやモノはなにかまとめます

この記事を読んでほしい方
  • コード決済を始めたいと思っている方
  • 楽天ペイの概要について知りたい方
この記事を読んでわかること
  • 楽天のサービスを使っている人なら今すぐ楽天ペイを使うべし

楽天ペイとは

楽天ペイは大手企業「楽天株式会社」が運営するコード決済サービスです

楽天はクレジットカード、銀行などの金融や、web検索や楽天市場、フリマ、トラベルサイトなどのメディアサービス等を運営している会社です

そんな楽天が運営する楽天ペイの使い方について徹底解説していきます

楽天ペイの使い方

①アプリを取得する

iOS版もAndroid版もありますのでダウンロードしてください

​​
Google Play で手に入れよう

 

②アプリを開き、ログイン画面から楽天会員に登録する(無料)

アプリを開くと、ログイン画面が表示されます

楽天会員のアカウントがない方は「楽天会員登録(無料)」をタップしてください

 

※すでに楽天会員の方は登録の必要はありません

 

ページの指示に従い、楽天会員の登録手続きを進めます
必要な情報は

・メールアドレス
・ユーザーID(メールアドレスをユーザーIDとしてそのまま利用可能)
・パスワード
・基本情報(生年月日など)

を入力して楽天会員の登録を行います

③楽天ペイにログインし、SMS認証を行う

楽天ペイにユーザーIDとパスワードを入力してログインします

 

ログイン後、電話番号を入力してSMSによる認証を行います
いわゆる二段階認証です

 

これにより、セキュリティの強化をしています

以上であなたの端末とあなたの楽天会員が連携できたので楽天ペイを利用できます

次に、支払いのための準備に移ります

 

④楽天ペイにクレジットカードを登録する

「LINEpay」や「paypay」では銀行口座などからアカウントの残高に入金してコード決済を行うことが主流です

 

しかし、楽天ペイでは主にクレジットカードを登録してコード決済を行います

 

 

クレジットカードを登録してクレジットカードの代わりにコード決済をするということです

 

クレジットカードの登録方法は

①アプリを開き、QRコードの下にある「お支払い元」をタップし、「お支払い元を設定」の画面に行く

もしくは

左上の三本線のメニューをタップ>設定>お支払い元を設定
と進めていきます

②「新しいカードを登録」からクレジットカードの登録をします

 

※楽天ペイに新しいクレジットカードが登録されるのではなく、楽天会員のアカウントにクレジットカードを登録し、楽天ペイで決済するというシステムになります

銀行口座を登録できないの?

現在(2019/11/16)、銀行口座を登録することはできますが、楽天銀行の口座しか登録できません

 

クレジットカードの後から請求されるシステムが嫌で即入金して使い方がいいという方は楽天銀行の口座を登録するといいでしょう

 

楽天銀行の口座開設で楽天ポイントが付与されるキャンペーンも行っていますから楽天銀行の口座を開設するのもありでしょう

 


楽天ペイのメリット

200円支払う毎に楽天スーパーポイントが1ポイント付与

コード決済の最大の魅力は「ポイント還元」です

 

楽天ペイでは200円支払う毎に楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます

 

 

クレジットカードでのポイント付与も利用できるのでポイントの二重取りができます

 

 

特に、楽天カードの場合、100円ごとに1ポイント付くので、200円ごとに3ポイント付きます

 

 

さらに、TポイントカードやPontaカードでポイントをつければ、ポイントの三重取りもできます

 

日頃からクレジットカードを利用されている方でしたら、後日引き落としに抵抗がないと思うので、クレジットカードよりも楽天ペイを利用することをおすすめします

 

 

楽天スーパーポイントをコード決済に使える

楽天グループのサービスで得られるポイントはすべて統一されています

 

楽天スーパーポイントという名でどのサービスを利用しても同じポイントが付きます

 

そのポイントをどのサービスでも利用できますから、

当然楽天ペイでも楽天スーパーポイントを利用することができます

 

特に、楽天市場を利用する方、楽天カードを持っている方はよりポイントを貯めやすいです

 

コード決済がお得なポイントとして

よく「ポイントの二重取り」という点が挙げられます

 

 

しかし!

 

別のポイントを貯めていたら貯めるのが結構大変です

 

例えば、楽天ペイにヤフーカードを登録して利用するとします

 

楽天ペイコード決済で付与されるポイントは楽天スーパーポイント

ヤフーカードによって付与されるポイントはTポイント

 

と別のポイントを貯めることになります

 

楽天カードを登録すれば、どちらも楽天スーパーポイントを貯めることができます

 

すぐポイントが貯まり使いやすいです

 

 

 

 

 

楽天ペイのデメリット

楽天銀行だけしか銀行口座から入金することができない

「paypay」や「LINEpay」は銀行口座から入金して決済するのが主流です

 

しかし、「楽天ペイ」ではクレジットカードを登録して決済します

 

なので、コード決済は銀行口座から入金して使いたい方には楽天ペイはあまり便利ではありません

 

現在(2019/11/16)楽天銀行しか銀行口座を登録することができません

 

銀行口座から入金するには楽天銀行を開設するしかないのです

 

しかし、楽天ペイや楽天カードを利用するのであれば、

 

楽天銀行を開設することをオススメします

 

楽天銀行を開設するだけでポイントをもらえるキャンペーンもやっています

 

また、楽天カードの引き落とし口座が楽天銀行ならば楽天市場でのポイント付与が+1倍されたりします

 

楽天のサービスをよく利用するのであれば、楽天銀行の口座を開設することをおすすめします

 

登録できるクレジットカードの種類が少ない

楽天カードと、楽天カード以外ならVISA、Mastercardしか登録することができません

 

楽天カードならば、JCB、American Expressでも登録できます

 

 

楽天カード以外を利用されている方はもしかしたらお使いになられているクレジットカードやデビットカードを登録できないかもしれません

 

 

楽天のサービスをあまり利用していない人にとっては不便かもしれません

 

しかし、まとめて楽天のサービスを利用すれば今までよりもお得にすることができます

 

楽天ペイを使うならば、楽天カードも発行することをおすすめします

 

楽天ペイを利用する際、少なくとも楽天カードを発行し、さらに楽天銀行の口座を開設すれば非常にお得に楽天のサービスを利用することができます

 

クレジットカードや銀行口座にこだわりがなければ、これを機にすべて楽天にしてしまえば、デメリットを解消し、お得に生活することができます

 

こんな人に楽天ペイはおすすめ

楽天のサービスをよく利用する人

楽天ペイ等の楽天のサービスは「楽天のサービスをたくさん使うとお得になる」という特徴があります

例えば、「Start Bonus Chance」というキャンペーンが行われています

 

新しく楽天のサービスを利用すると1000ポイントをゲットできるというものです

楽天にはたくさんのサービスがあります

楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天ペイ、楽天市場

楽天web検索、楽天保険、楽天モバイルなど

これらのサービスを使い始める度に、1000ポイントゲットできます

 

またほかにもたくさんのサービスを併用すると楽天市場のポイント倍率が増えていきます

 

楽天カードで購入したら+1倍、楽天モバイル加入していたら+2倍、…

 

というように

 

とことん楽天のサービスを利用するとお得にポイントを貯めたり、割引を利用できたりします

 

楽天カードを持っている方

楽天カードを持っている方は楽天ペイを使わない理由はないです

 

クレジットカードの代わりにコードを使い、支払いのシステムは変わらないけど、

 

支払いの手間は減り、ポイント還元は大きくなるというとにかく利点しかないからです

 

実際、HIROも楽天カードを利用していますので、楽天ペイを利用しています

 まとめ

いかがでしたか?

手続きを面倒に感じなければ、楽天ペイを利用しつつ、いろいろなサービス(クレカやモバイル、銀行など)を楽天に変えていくのがベストだと思います

 

それぞれ一つ一つのサービスの登録は非常にかんたんですので、是非楽天に乗り換えてみてください

 

手始めに楽天カードを発行するといいと思いますよ!

楽天カード発行ページはこちら!