勉強の意味~勉強は自ら進んでするもの~

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

勉強をしていてふと

読者の声
読者の声
どうして勉強するのか

勉強する意味とはなんだろうか

と感じることがあります。

特に、あまり勉強が好きではない中高生は良く感じると思います。

そこで今回は勉強の意味を考えてみましょう。

勉強の意味

文字通り勉強の意味を調べてみました。

「勉強」
1.学問や芸術などを学ぶこと
2.物事に精を出すこと、努力すること
3.経験を積むこと

引用:デジタル大辞泉

 

また、勉強は英語で”study”

“study”の語源を調べてみました。

“study”はラテン語の”studium”「情熱」「熱意」から来た言葉です。

広く意味を取れば「何かに没頭する」ことです。

 

また、せっかくなので英英辞典でも調べてみました。

to try to find out more about a subject or problem , using scientific                 methods

直訳すると、
「科学的な手法を用いて、主題や問題についてより調べようとすること」

何かを調べるという時点でもう勉強していることになります

勉強は日頃から行っている

改めて勉強の意味について辞書を引いてみたところ、皆さん普段から勉強してますね。

例えば、
これから気になる女の子とデートに行くときどんな店がいいか調べます。

道がわからなければ、アプリで調べます。

ゲームがクリアできなければネットで検索したり、試行錯誤してクリアします。

 

これらすべて勉強とも言えますよね。

 

ただ、今回議題に取り上げる「勉強の意味」とはこのように広い意味ではありません。

 

「学校での勉強の意味」です。

 

この先

・学校での勉強に意味を感じない理由
・どうしたら学校の勉強に意味を見出せるのか

について述べていきます。


学校での勉強に意味を感じない理由

それは「他人のための勉強」だからです。

 

もちろん、勉強というのは自分のためにするものです。

 

しかし、他人のためという目的が先行してしまいます。

 

それは仕方のないことなのです。

 

なぜなら!

 

学力があなたの能力の評価基準であるからです。

 

初めてあなたに会う人にとってあなたについての情報はなにもありません。

 

ですから、学力や出身大学などで判断するしかないのです。

 

高校や大学の合格基準、企業の採用基準にもなっています。

 

「他人によく思われたい」という目的がどうしても先行してしまいます。

 

そのために頑張れる人はいいですが、そこでやる気をそがれ

何のために勉強をしているのだろう」と感じてしまうのです。

 

さらにさらに親や先生も追い打ちをかけるように

先生
先生
偏差値の高い高校、大学に行くために勉強しよう
親
将来のために勉強しなさい。

なんて言ってくるわけです。

 

なおさら自分のための勉強には感じないですよね。

勉強の意味を見出すには

勉強を「自分のための勉強」にすることです。

 

自分にとって勉強がどのようなものか見出せた時、自分がやりたいことが見つかった時自然とやる気になりますよね。

 

ゲームを攻略したいから調べたり、いろいろ試行錯誤してみるのと同様に、

 

例えば、宇宙の成り立ちに興味を持てば、宇宙のことを研究したいと感じます。

 

それはいつしか理学部に入りたいと思うようになり、いい大学に入るために勉強しようとなるわけです。

 

他人のためにする勉強も自分のためにする勉強も目標とするところは同じ「いい大学に入ること」。

 

ただ、志望した動機があるだけで勉強に意味を感じることができるのです。

 

いかにして自分のための勉強ととらえることができるか

 

これが勉強の意味でしょう。

 

 

なかなか勉強の意味を見出せない人へ

宇宙について知りたいなど興味の対象がある人ならばいいですが、特に何もやりたい、知りたいことがない人にとって勉強の意味をなかなか見いだせないです。

 

おそらく、ほとんどの学生が意味を見出せていないでしょう。

 

そこで、私から勉強の意味を提唱させて頂きます!

それは「自分の成長のため」です。

どのような勉強の意味があるのかというと

 

1つ目:思考力の向上

例えば、理科の実験をするとき。

仮説を立てる
→実験を行う
→結果を見て考察する

このような行程があります。

学校で勉強するときは行程の内容ばかり覚えさせられます。

器具の名前や器具の使い方、実験の手順や注意事項などなど。

これらのことを覚えるのは自分のためとしても勉強の意味は全くありません。

しかし、この実験というのは実は

 

・何に注目するのか考える
・実践してみた結果を見てどうしたらよかったのか考える

 

 

ビジネス等におけるPDCAサイクルに似た行為を行っていたのです。

 

このように、学校の勉強を通してあなたの思考力を向上させることができます。

 

2つ目:より自分が成長できる環境に行ける

高校や大学に進学するにつれ、自分と似たような学力の人が集まってきます。

 

偏差値の高い高校、大学に進学することができれば、

 

向上心の塊のような人にも出会えるし、自分の成長を促してくれる環境に自らを置くことができます。

まとめ

勉強に意味を見出すことは非常に難しいです。

 

大学に通う私HIROですが、大学に入るまでは特にやりたいことはありませんでした。

 

ただ、より自分が成長できる環境に身を置くことができたため、今では勉強の意味をはっきりととらえられています。

 

まずは「自分の成長のため」に勉強に励んでみてはどうでしょうか。