寂しさ募る一人暮らし大学生のための5つの解消法!

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

大学生になると、一人暮らしを経験する方多いですよね。

実際に私も一人暮らしをしております。

大学生一人暮らしって大変?メリット・デメリットを徹底解説!こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。 憧れの一人暮らし。 大学生になると周りの友達に一人暮らしをしている人が増えてきま...

 

一人暮らしは自由度が高く、楽しいことも多いです。

 

しかし、今まで家族と暮らしていたのに突然一人で生活するととても寂しさを感じます。

 

今回の記事は、大学生になって一人暮らしを始めたのに、「寂しい気持ちになってしまった」という方に向けて、

 

・どんな時に寂しくなるのか

・寂しさの対処法

 

について解説していきます。

 

一人暮らしで寂しさを感じるタイミング

私は一人暮らしの中で様々なタイミングで寂しさを感じました。

人それぞれ寂しさを感じるタイミングは違うと思いますが、私が寂しさを感じたタイミングを中心に紹介していきます。

夜家に帰った時

夜家に帰ると、当然ですが電気はついておらず、ただいまの声もありません。

無音で真っ暗な部屋に帰り、ただドアが閉まる音だけが響きます。

その時ふと

HIRO
HIRO
ああ、一人なんだな

と寂しさを感じます。

家にいて何も音がない時

実家にいた頃は必ず家族の生活音がしていました。

でも、一人暮らしではそれらの音が全くありません。

本当に無音な空間にいたとき、虚無感と寂しさがあります。

体調を崩したとき

風邪を引いた時、看病してくれる人は誰もいません。

風邪を引いていてもお腹が空いたなら、自分で用意しなければなりません。

洗濯物がたまれば、洗濯しなければいけません。

しんどいのにやらなければいけないことがあった時、家族が恋しくなり寂しさを感じます。

風邪を引いても家事をこなしていた親には頭が上がりません。

私も一人暮らし中にインフルエンザにかかってしまいました。

高熱の中病院に行くのもやっとで、その上食べ物を買いに行かなければならなかった時、とてつもなく寂しかったです。

寂しさの対処法

私が寂しい時どのように寂しさを対処したのか紹介していきます。
対処法が楽な順に紹介していきます。

1.ジムや図書館など人がいるところに行く

自分の家に一人でいては寂しいので、ジムや図書館、公園など人がいるところへ外出する方法です。

人がいるので、寂しさをあまり感じません。

また、誰か友達を誘わなくても行けるので、楽に寂しさを対処できます。

私も図書館やカフェに行って勉強したり本を読んだりブログを書いたりしています。

家にいてもできることですが、外ですることで寂しさを対処しています。

私のおすすめは銭湯です。

ジムや図書館などは鍛えたり勉強したりするやる気がないとなかなかいけません。

しかし、お風呂は一日一回必ず入るものです。

ですから、本当に寂しくなってしまったら銭湯に行ってみてください。

2.サークルや部活動に入る

サークルや部活動に入ることで寂しさを対処できます。

サークルや部活動を行うときに仲間とともに過ごすからです。

また、サークルや部活動の仲間は「共通の趣味」を持っていることが多く友達になりやすいです。

ただ、サークルや部活動では人間関係が簡単ではなく、衝突することもあります。

サークルや部活動の中で自分と気が合いそうな友達を作りましょう。

そのためには、旅行や合宿などのイベントに積極的に参加しましょう。

3.バイトをたくさん入れる

大学生になればほとんどの方がアルバイトをしています。

バイトにたくさん入ることで、バイト先の人と喋ることで寂しさを対処できます。

加えて、お金も稼げるのでいいこと尽くしです。

また、たくさんバイトに入ることでバイト先に友達を作ることもできます。

実際に、私は社員さんやほかのバイトの方と遊びに行くほど仲良くなりことができました。

ただ、シフトに入れなければバイトに行って寂しさを対処することはできません。
ですから、3番目に紹介させていただきました。

4.友達と遊ぶ

せっかくの一人暮らしですから、友達の家に行ったり、呼んだり、飲みに行ったり遊びに行ったりして寂しさを対処できます。

大学時代の友達は一生の友達になる可能性が高いため、積極的に友達を作ってみましょう。

学科、サークルや部活動、バイト先など友達を作る場はたくさんあります。

5.恋人を作る

これはハードルが高いと感じる方がいるかもしれません。

恋人がいれば、寂しさを対処できるだけでなく、幸福感、充足感でいっぱいになります。

お互いの家に行ったり、デートをしたりすることで寂しさはかなり軽減できます。

家族以外の常に自分の味方でいてくれる存在はたいへん心強いです。


まとめ

一人暮らしですから、寂しさを感じる場面は多々あります。

友達、家族、恋人…
自分と関わってくれる存在がいてくれることで、寂しさを対処することができます。

また、慣れてしまえば何の問題もありません。
むしろ一人で気楽です。

寂しさに慣れるまでの辛抱ですから、それまではぜひ対処法を試してみてください。