野球は世界一面白い!

HIRO
HIRO
これだから野球はやめられない!!!

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

今日は私の大好きな野球について語ります。

スポーツ全般好きなのに、野球だけはずば抜けて好き。

圧倒的に好き。

 

毎日野球のニュースばっかり見てるくらい好き。

1日の考え事のうち5割くらい占めてるんです。

なんでこんなにも野球が好きなのか?その魅力はなんなのか?

今回は

野球のゲーム性やルールの観点から楽しさについて語ります。

 

この記事を読んだらきっと

読者の声
読者の声
野球、やってみたいかも

って思いますよ!

・筆者は高校野球経験者ですが、さほど上手くはありません。
・ただの野球大好きマンです。

野球は間を楽しむスポーツ

 

ちょっと通な魅力を書いてみます。

いきなりわかりづらい魅力ですが、私が一番伝えたい魅力なんで一番に書かせてもらいます!

その前にまず、野球のゲーム進行について。

野球は2チームに分かれて攻守を交互に繰り返して試合を進行します。

ですから、サッカーやバスケなどのように攻守の分かれ目が曖昧と言うことはありません。

また、アウトの数で試合が進むのでアウトを取る度にプレーが途切れます。

ですから、1試合の時間は一定ではなく長いときは5時間ぐらいかかったりします。

サッカーやバスケのようなめまぐるしい試合展開はなく落ち着いてゲームは進行します。

一つ一つのプレーに「間」があるのです。

 

その「間」が重要なのです。

 

例えば、

自分がバッターなら

HIRO
HIRO
さっき、インコースにスライダー投げたから、外真っ直ぐで様子見か?それともインコースでズバっとくるか?

こういう読みを働かせたり。

HIRO
HIRO
今この場面、打ったらヒーローだなあ

なんて状況を整理したり。

その「間」でどう考えるかでその人の実力が出せなかったり、実力以上のものが出せたり。

 

そういう「間」があることでさまざまなドラマが生まれます。

だから、野球って楽しいのだ!!

どんな人にもチャンスがある

野球が多くの人に親しまれる理由が「どんな人にもチャンスがある」ことです。

パワーがなくて打球を遠くに飛ばせなくても、足が速ければ走塁や守備で輝けたり、またその逆もあります。

肩が強いから外野、キャッチャーをやるとか。

また、一番良いと思う所は

どれだけ下手でも全員に活躍する場が存在する」ことです。

なぜなら、必ず打席が回ってくるからです。

サッカーやバスケでは下手だと上手くゲームに参加できません。

パスが回ってこなかったり。

私は野球しかできないので、他の競技をやっていると疎外感を感じます。

でも!

野球は必ず打席が回ってきて、自分からプレーします。

打席に立っているとき、全てのプレイヤーが自分を見ています。

打っても打たなくてもあなたのプレーに皆が反応する!

こういうスポーツなかなかないですよね。

このゲームに参加してる感がいいですよね。


案外疲れない

 

僕がはまっている理由ではないんですけど、野球を始める動機にはなるかなと思います。

他の競技に比べて止まっている時間が長く、疲れないです。

試合時間の半分はベンチで座っています。

また、守備中もピッチャーが投げる時以外は案外気を抜いていてもいいんですよね。

守備もバッターもランナーもピッチャーが投げるその瞬間だけ集中すればいいんですから!

その一瞬で全ては起こります。

その一球に泣くのか?笑うのか?

選手の思いがぶつかり合うその瞬間はたまらないですね。

年が上の人との会話に困らない

これ、社会に出てからすごい役に立ちます。

とにかくおじさんは野球好きが多い!

野球の話ができれば、それだけで仲良くなれます。

例えば、社会人になって上司と野球の話をしてて

上司
上司
なんや、野球やってたのか。どうだい?今度草野球来ないかい?

なんて言われたら一気に上司との距離縮まりますよね。

話の種にもなってくれるようなスポーツそうそうありません。

まとめ

ここに挙げられたのはほんの一部で野球にはまだまだ面白ポイントがあります。

また、記事にして共有してみますが、一番いいのは実際にプレーしてみて体感することです。

少しでも興味が湧いたら、是非野球始めて見てください。

twitter(@N2tMe)でも情報発信しています。よければ、フォローしやってください、