勉強・仕事の集中力の高め方~とりあえず5分の勉強法~

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です!

読者の声
読者の声
集中できず、効率が悪い。
読者の声
読者の声
勉強をしていて集中力が続かない

こんな悩みよく聞きますよね。

テストの前日。

勉強や準備をしなきゃいけないのになぜか漫画を読んでしまった。

つい掃除を始めて気が付いたらもう日付変わってた。

当日を迎えて

HIRO
HIRO
昨日勉強すればよかった

と後悔する経験よくあります。

では、集中力を高めるにはどうしたらいいでしょうか?

 

先に結論から申しますと

 

集中力の高め方

・長時間→短期集中に
・やるべきことを書き出す
・ルーティンを作る
・お気に入りの場所を探す
・机の上を整理整頓する
・規則正しい生活
・とりえず勉強を始める

この記事を読めば、あなたの集中力が必ず上がるでしょう。

1. 長時間勉強→短時間集中にする


人の集中力はたかだか1~1.5時間ぐらいしかもちません。

好きなことなら、いくらでも続けられると思いますが。

好きでもないことを何時間もぶっ通しでやろうと考えることが間違いです。

集中力を維持するためにこまめに休憩を取りましょう。

長時間続けてやることで集中力とともにやる気も損なわれます。

やる気を維持するためにも休憩をとりましょう。

2. やるべきことを整理する

集中できない時

やるべき以外のことも考えてしまう

ことが多いです。

そこで、やるべきこと以外を頭の中から除外しましょう。

 

勉強することだけを考えるようにするのです。

 

やるべきことを整理できると、それだけを考えられるようになり集中できます。

 

では、整理するにはどうしたら良いでしょうか?

 

紙に書き出す

 

です。

 

自分の頭の中にあること全部紙に書き出してみましょう。

 

 

こんな風にどんな些細なことでもいいから書き出します。

 

自分が考えていることが脳内から紙の上へと移ることで脳内がクリアになります。

 

このように、一度クリアにしてから勉強に取り掛かることでより集中できます。

 

また、今日のノルマのように書き出すことで

 

HIRO
HIRO
今日こんだけ頑張るぞ

と目標立ててやる気の向上にもなります。


3. ルーティンを作る

アスリートは集中力を高め最高のパフォーマンスができるようルーティンを行います。

イチローや五郎丸が有名ですね。

 

ルーティンを決めることで

 

「よし、勉強するぞ!」

 

とスイッチを入れることができます。

 

毎回することで自然と勉強する気持ちになります。

 

 

私は受験生の頃、コーヒーとチョコがルーティンでした。

コーヒーを飲んで、チョコを食べたらなぜだか頭がさえてきて。

気づいたら勉強を始めていた。

それぐらい自然と勉強をすることができるようになってました。

4. 環境づくり


勉強に集中するには周囲の環境が重要です。

物があふれ整理されていない机では勉強に集中できません。

机の上にある漫画に気づいたら手が伸びていた…

なんて風に気が散ってしまいます。

 

机の上はきれいにして、勉強用具以外置かないようにしましょう

5. 規則正しい生活

集中力を発揮するには自分の体調も重要な要因です。

集中力を一番妨害してくるのは漫画でも携帯でもなく、自分自身です。

なんかやる気が出ない、眠い、疲れた…etc

これらが集中の一番の敵です。

疲労をためないためにも規則正しい生活を送りましょう。

早寝早起き朝ごはん。

三度のごはん。

バランスの良い食事。

適度の運動。

どれも当然のことですができていない人が多いです。

私もなんですけどね。

HIRO
HIRO
夜更かし大好き。夜食のカップラーメン最高。

6. とりあえず始める

どんなことでも、一番早く身に付ける方法は実践すること!

すなわち、とりあえず勉強を始めてみるということです。

勉強や仕事がなかなか手につかない理由はなかなかやり始めないことにあります。

読者の声
読者の声
やる気が出たらやろう!(たぶんやらないやつ)
HIRO
HIRO
あなたのやる気、いつ出るの?

 

 

HIRO
HIRO
やる気スイッチどこにあるの?

やる気なんてものは自然と湧き出るものではありません。

理由は二つ!

一つ目は

HIRO
HIRO
やらなきゃ!いい点とらなきゃ!

という義務感。

やることを強いられるとやる気になりません。

二つ目は

HIRO
HIRO
なんで勉強してるんだろ

と、勉強に対して意味を感じないことからやる気が出ないです。

では、やる気がないのにどうやって勉強するのか?

 

とりあえず5分勉強を始める

ひとまず、やっても意味がないとかやらなきゃとか思わずにとりあえず始めてみてください。

毎日歯磨きをする感覚です。

5分というのがポイントで、5分で終わる勉強は存在しません。

短くても30分長くなれば1時間以上勉強をしないと終われないことがほとんどです。

読者の声
読者の声
よし勉強しよう!でも今から1時間くらいかかるよな、だるいな~

このようなマイナスな感情を抱き、やる気をそがれてしまいます。

 

でも、5分ならどうですか?

やってみようってなりませんか?

 

例えば、ダイエットでも

毎日5分で痩せる!

と書かれたダイエット法が多いですよね。

 

読者
読者
毎日5分なら続けられそう!


この感情がやる気の維持につながるのです。

 

 

また、

5分経って

 

読者の声
読者の声
やっぱやーめた!休憩しよう!

となっても構いません。

ただ!

休憩も5分でやめましょう。

5分やって続かなければ、5分休憩、また5分勉強…

 

これを繰り返すと、5分では問題が解けないことが多いので、

10分、15分と勉強時間が伸びていくのです。

 

次第と勉強時間が伸びていくので、とにかくまず勉強してみましょう。

 

歯磨きと同じ感覚にまでできたらもう完璧です!!

 

 

 

まとめ

どうですか?

いろいろな集中力の高め方を紹介しましたが、どれも

ありきたりですよね。

ということはつまり誰もが集中力を高めることができるのです!

読者の声
読者の声
おれ、集中力ないんだよね

これはただの言い訳です。

そんなこと言ってる暇があるならば、


とりあえず5分やってみてください!!