生活

【キャッシュレス】コード決済とは?仕組みは?メリットは?

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です

2019年10月から消費税増税に伴い、経済産業省から
「キャッシュレスポイント還元事業」というのが打ち出されました

 

より一層キャッシュレス社会にシフトしていくために行われているようです
キャッシュレス決済によって今まで以上にポイント還元があるため、消費者にとっては節約になります

 

そんなキャッシュレス社会を支えるのがQRコード・バーコード決済
paypayや楽天ペイ、LINEpayなどQRコード・バーコード決済サービスが普及しています

QRコード・バーコード決済をまとめて「コード決済」と呼びます

 

2018年の10月ぐらいからコード決済のサービスが日本で始まりました

 

読者の声
読者の声
コード決済利用の波に乗り遅れてしまった

そんなあなたのために

 

コード決済とはどんなものか?」を記事にまとめてみます

私HIROは現在「paypay、楽天ペイ、LINEpay」の三種類を利用しています
コード決済について普段から使っています

まずコード決済の利用方法をまとめ、コード決済を使うメリット・デメリットを紹介します
次に、コード決済を使う際に抱く不安について話していきます

この記事を読んでほしい方
  • コード決済を使ってみたいけどよくわからない方
  • コード決済に不安を抱いている方
この記事を読んでわかること
  • コード決済は今後主流の決済となるため、即導入すべし!

 

コード決済とは?

QRコードやバーコードを使い、決済する決済方法です

現金やクレジットカードとは違い、お金やカードではなく、
スマートフォンを利用しますから、「スマホ決済」と呼ばれたりします

コード決済の利用方法

まず簡単にコード決済の利用方法についてまとめます
詳しく知りたい方は使おうとしているコード決済のホームページを参照してください

コード決済の利用方法

①コード決済サービスアプリをダウンロード

②アカウントを登録し、クレジットカード情報や銀行口座などを登録

③登録した銀行口座からアカウントに入金

④QRコード・バーコードを用いて決済

これまでの現金を用いた決済方法では

①は財布を買う
②はクレジットカードやキャッシュカードを財布に入れる
③はATMにいってお金をおろす
④現金で支払い

となります

現金との大きな違いは

ATMにいってお金を下ろす手間がない」ことです

スマホ内で操作するだけで簡単に入金できます

 

コード決済の方法は二通り

①ストアスキャン方式

自分のスマホにコードを表示し、店が読み取って決済します

コード決済導入以前からバーコードで金額を読み取っていた店に多いです

なぜなら、もともとバーコードスキャナーがあるからです
(コンビニ、ユニクロなど)

②ユーザースキャン方式

店が提示するバーコードを自分のスマホで読み取り決済します
バーコードスキャナーがない飲食店などに多いです

どうしてコード決済が普及したのか

コード決済が普及した理由は

消費者も店舗もコード決済を利用するメリットが大きい」ことが挙げられます

 

また、政府がキャッシュレス社会への移行を促していることも大きな理由の一つです

キャッシュレス・ポイント還元事業のサイトはこちら

 

この記事では、「コード決済を使いたい消費者」目線で記事を書くので消費者にとってのメリット・デメリットについてまとめます

消費者がコード決済を利用するメリット

①決済がスムーズ

現金やクレジットカードを使った決済よりもはるかにスムーズで決済のやり取りが楽です

お金のやり取りは非常に手間がかかりミスが発生します

また、クレジットカードはサインをしたり、レシートや控えが多かったり、消費者と店舗間でのやりとりが多いです

 

でもコード決済なら
消費者も店舗もコードを表示するor提示する」だけで済みます
めちゃめちゃ楽なんですよね

②ポイント還元がある

コード決済の大きな魅力はポイント還元です
また、キャンペーンやクーポンもあります

 

現金払いよりも楽なうえにお得に買い物できちゃうんです

 

(※今後、コード決済が当たり前になればお得な還元はなくなるでしょう)

③お金の管理がしやすい

決済履歴がコード決済アプリに残るので、後で確認できるのがメリットです

しかも、アプリによってはそのまま家計簿に記録することもできます

 

クレジットカードと違い、使う分をチャージして決済するので使いすぎることもあまりありません

また、現金の場合、財布にお金がないと

読者の声
読者の声
手持ちがない、ATMでおろさなきゃ

 

とATMにいってお金をおろす面倒があります

 

でも、コード決済アプリならその場で即入金できるので財布の残高を気にする必要がなくなります

入金の際手数料もかかりません

 

HIRO
HIRO
コード決済は銀行口座が入った暗証番号付きの財布みたいなものだね

④他人とのお金のやり取りが簡単

同じコード決済サービスを利用していれば、割り勘や送金の機能もあります

ともだちや家族とのお金のやり取りも楽です

消費者がコード決済を利用するデメリット

電波が悪いところでは使えない

バーコード決済を利用する際ネットワーク通信を利用するので電波が悪いところではつかえません

また、スマホの充電がなくなると使えないので注意してください

 

コード決済を利用する不安

スマホを落としたら不正利用されてしまうのでは?

基本的には不正利用されることはありません

 

不正利用されるには、三つのパスワードや本人確認を突破する必要があるからです

まず、スマホのロック解除です
パスコードやパターンの入力、指紋認証をクリアしなければなりません

 

次に、アプリのログインのパスワードです
万が一スマホのロックを解除されてしまっても、コード決済のアプリのアカウントにログインしなければ使えません

最悪の場合、ログインされてしまったとしても、入金の際にパスワードが必要ですので、入金されている金額分しか使われることはありません

 

これらの三つを突破しない限り不正利用の被害はあまりでません

しかしながら、7payのようなこともありますので、セキュリティに対する意識は高く持っておくべきです
例えば、他人から推測されにくいパスワードにするなどです

まとめ

コード決済についてまとめましたが結論として

コード決済を使わない理由はない!」です

 

コード決済は店舗にとってもメリットが大きくこれからどんどん普及していくでしょう

 

近い未来、逆に現金での決済が珍しくなるでしょう

 

よりスマートになっていく社会に順応するためにも!

ポイント還元を行っている今、コード決済始めてみませんか?