野球人おすすめ!泥汚れが落ちる洗剤「ポール」 泥汚れが気になるあなたへ!

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

私は以前野球ユニフォームの泥汚れがなかなか落とせなくて困ってました。

いつもあまりきれいに落ちてくれない。

枚数が少ないからすぐ洗わなければいけないし、急いで乾かさなければいけない。

 

本当に面倒です。

 

特に雨が降っていた中、試合なんかしたらもう最悪ですね。

 

家に帰ってからシャワーを浴びながら、

ユニフォームについた泥汚れをひたすら石鹸でこすって落としてました、

 

ある洗剤に出会うまでは!

 

ある洗剤に出会ってからは本当に洗濯が楽になりました。

 

今日は私を救ってくれた最高の洗剤を紹介します。

その名も「ポール」です。

そして、HIRO流のユニフォームの洗い方を紹介します。

 

泥汚れを完璧に落とす最高の洗剤「ポール」

野球人界隈ではまあ有名ですね、ウタマロの次ぐらいに。
ポールについて商品情報を載せておきます。

商品紹介は長いので要点をまとめると、

ポールのここがすごい

・泥汚れに強い
・皮脂汚れにも強い
・肌に優しい

まじですごくないですか?

汚れ落とす力を持ちながらも肌を傷つけない。

 

最高の洗剤です。
一応、商品紹介載せておきますね。

 

商品紹介
驚異の洗浄力! 大さじ一杯でユニフォームの「どろよごれ」からシャツの「皮脂汚れ」までスカッと落とします。
低泡性ですすぎがカンタン仕上がり真っ白。泥スッキリ! !

●1回の使用量は、スプーンでかるく一杯 (約15g) だけ。2kgで約130回、お洗濯が出来ます。

●天然ヤシ油系高級アルコール系の界面活性剤を配合しておりますので、生分解性が良く手肌や繊維に極めてマイルドです。

●タンパク質を分解するアルカラーゼ酵素を配合しておりますので、血液や汗の汚れ、食べこぼしの汚れもカンタンに落とします。

●泡切れが極めて良く、すすぎが非常にカンタンで水が節約出来ます。

●特殊増白剤のすばらしい効果で、色ものはあざやかに、白いものは輝く白さに洗い上げます。

●衣類をえらばず、赤ちゃんの肌着から、ひどい汚れの作業衣まで、繊維の風合いをそこなわず洗い上げます。

■用途
麻・木綿・化学繊維用
※ 絹、ウール製品には使用できません。
※ 繊維自体の変質による黄ばみは、白くなりません。

液性:弱アルカリ性

■ カンタンな汚れの場合

水または温水で一般の洗剤でお洗濯するように洗濯機の水30リットルに本品15g (スプーンすり切り一杯) で普通にお洗濯して下さい。

■ ガンコな汚れの場合
本品15gを水に溶かした後、洗濯物を入れ、お湯をそそいで45度ほどにして一時間以上つけ置きします。
その後、つけ置きで汚れた液は捨て、衣類は洗濯機に入れて適量の洗剤を加え洗濯して下さい。

原材料・成分
界面活性剤[17%、高級アルコール系(非イオン)、高級アルコール系(陰イオン)、純石けん分(脂肪酸ナトリウム)]、リン酸塩(P2O5として29%)、アルカリ剤(炭酸塩)、水軟化剤、漂白剤、蛍光増白剤、酵素

引用:Amazon | バイオ濃厚洗剤 ポール(酵素配合) 2kg | ミマスクリーンケア | 粉末洗剤

 

赤ちゃんの肌着から、頑固な泥汚れまで様々なものに対して使うことができる!

 

万能洗剤です!

 

ユニフォームをつけ置きして泥汚れを落とす

ポールは洗濯粉として、洗濯機に直接いれて洗濯することが可能です。

しかし、泥汚れを落とす際は、そのまま洗濯機に入れたら泥汚れが広がりますし、洗濯機が汚れます。

ですから、まずボウルやバケツを用意してそこでユニフォームをつけ置きします。

35℃前後の水に対して5gの割合で溶かします。

・手でかき混ぜて粉をきちんと溶かしてください。
※肌が弱く心配な方はゴム手袋などをしてください。

汚れたユニフォームを1~2時間ほどつけ置きすると真っ白になります。

ほんとにびっくりするぐらい真っ白になります、こすらなくても。

しかし、

読者の声
読者の声
1時間も待ってられない!

わかります、その気持ち。

一時間後つけ置きから取り出して洗濯すること忘れてたりしちゃいます。

そこで、HIRO流のポールの使い方を伝授します!


HIRO流の洗剤・ポールの使い方

1.シャワーを浴びながらつけ置きの水を用意する

HIROは学生の割にはかなり節約志向でして。

水を余分に使うのもいやなんですよ。

ですから、自分がシャワーを浴びる際、お湯が出るまでの水を使います。

無駄になってしまう水を有効活用しています。

2.つけ置きする時間は10分程度

読者の声
読者の声
1時間も待ってられない!

そんなあなたに紹介するHIRO流のずぼらテクニックです。

つけ置きするのは自分が風呂に入っている間の10分程度にする方法です。

ポールのつけ置き+石鹸でこする」というハイブリット型の方法です。

ポールに浸かっていれば石鹸もほぼほぼ使わなくて大丈夫です。

 

10分経ったら、ユニフォームをこすって汚れを落とす、たったこれだけです。

 

こうすることで、自分がシャワーから出るタイミングで泥を落とすことが完了しています。

もし、一時間つけ置きするならば

シャワーを浴びた後少し時間を空けてまたつけ置きから取り出さなくてはいけません。

こうすると、忘れるしまた汚れたものを洗うのも面倒です。

まとめ

最強洗剤・ポールはすべての野球人、お母さんの強い味方だと分かってくれましたか?

ぜひとも、使ってみてください。

洗濯が苦じゃなくなりますよ。

 

あなたの素晴らしい野球ライフの支えとなりますように!!