大学生の一人暮らしの平均生活費は??

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

大学生になって憧れの一人暮らしをスタートさせる方!

一人暮らしに対して憧れだけでなく、不安もあると思います。

その最たるものが

読者の声
読者の声
生活費、いくらかかるの?

です。

お金の不安はつきものです。

今回の記事は

HIRO
HIRO
大学生の一人暮らし、生活費は月いくら?

です。

この記事を読むべき人

・これから一人暮らしを始める方
・一人暮らしをしていて節約したい方

 

HIRO
HIRO
これらに当てはまる方はぜひ最後まで読んでください!

生活費の内訳

生活費と一言で言ってもどういうお金がかかるのかというと

 

生活費

・家賃
・食費
・水道光熱費
・通信費
・交際費・娯楽費
・交通費
・雑費(日用品の買い物など)

これらのお金がかかります。

どれぐらいかかるのか、それぞれの費用について詳しく見てみましょう。

家賃

どこに暮らすのかによってかなり変わってきます。

同じ広さの部屋でも都心で月10万、地方で月4万ということはざらにあります。

 

私を含め、自分の友人100人に聞いて平均をとると、

家賃の平均は大体月50,000円ぐらいです。

 

ただ、女子大学生の場合ですと、オートロックなどの防犯重視のため家賃が高めの部屋を選ぶことが多いです。

 

逆に、男子大学生は家賃安めの物件を選んでいます。

 

さらに、管理費・共益費を含めると、6万円前後が平均です。

都心だと7万円、地方だと5万円ぐらいです。

 

家賃以外に意外とお金がかかるもんなんですね。


食費

食費は自炊をどれだけするかによって変わります。

自炊を全くしないとすると、

朝ごはんをコンビニで200円

昼ごはん、晩ごはんを安く見積もって合計1,500円とすると、一日にかかる食費は1,700円

 

すると、月で1,700×30=51,000円

かなり高いですね。

しかし、まかない付きのバイトをしたり、学食で安く食べたり、自炊をしたりして

大体3~4万円程度が平均です。

 

自炊を常にしている人の食費は月約25,000円ぐらいです。

水道光熱費

水道、電気、ガス代金の合計のことです。

水道光熱費の平均は月約7,000円です。

内訳は
水道代が月約1000円、電気・ガス代がそれぞれ月約3000円です。

 

アパートによっては光熱費が家賃に含まれていたり、水道代が固定だったり、オール電化だったりします。

 

通信費

スマホやインターネット利用でかかる料金です。

インターネット契約をせずスマホ代のみかかる人は、月約7,000円です。

両方契約している人は毎月約11,000円かかっています。

交際費・娯楽費

自分の趣味や友人との飲み会、旅行、部活やサークル活動、恋人とのデート代などに必要なお金のことです。

交際費・娯楽費の平均は月約20,000円です。

20歳を過ぎると、飲み会の分の出費が増えるようです。

交通費

学校への通学、バイト先への通勤、部活動の移動などの移動に使ったお金です。

一人暮らしの場合、学校への通学は徒歩か自転車が多いのでかからないです。

なかには、原付やバイクをもっていてガソリン代がかかる人もいます。

交通費の平均は月約5,000円です。

主に、バイト先への通勤で交通費がかかっているようです。

しかし、多くのバイト先で交通費が支給されるので実質0円でしょう。

雑費(日用品の買い物など)

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、洗剤などの日用品や服などを買ったお金です。

雑費の平均は月約10,000円です。

服をほとんど買わない人はもっと抑えることができ、平均は月約3000円です。

 

生活費の合計は…なんと!

それぞれの平均を足して

生活費の合計は約125,000円でした。

バイトをしたことがある学生ならわかると思いますが、

月125,000円を稼ぎ出すことは不可能です。

 

まとめ

大学生の一人暮らし案外お金がかかりますよね。

その上、学費もかかります。

 

当然、大学生自身の稼ぎだけでは一人暮らしは不可能です。

解決方法は二つ!

 

・親に仕送りをもらう

・奨学金を借りる

 

自分以外の誰かに頼るしかないですね…

大学生の一人暮らしで仕送りはいくら?奨学金は?!こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。 https://hiros-mylife.com/alone-life-money/ ...