【2019年】アドセンス審査の基準とは何か?

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

ついに2019年になってアドセンス審査に合格しました!

多くのブロガーが

GoogleAdSenseに合格

を目指してブログを運営します。

しかし、なぜだか審査には不合格。

年々審査が厳しくなっているといわれるgoogleアドセンス。

審査基準がよくわかりませんよね。

不合格にされていろいろ改善したり、記事を増やしたのになぜだか合格しません。

その悩みにお答えすべく、アドセンス審査に合格した時のことを記事にします。

この記事を読んでわかること

・受かって分かった審査基準に対するHIROの考察

この記事を読んでほしい方

・ブログ初心者
・アドセンス審査に合格できない方

一応、私HIROもアドセンス審査に合格したので、参考になると思います。

google AdSenseとは?

そもそもgoogle AdSenseが何かを説明します。

Google AdSenseとは、

自分のWebサイトに広告を掲載し収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

 

Googleが提供する広告をサイトに貼り、サイトを訪問したユーザーが広告をクリックすると収益が発生します。

 

個人の小さなブログから企業のWebサイトまで幅広く利用できる広告です。

 

アフィリエイトの場合、商品の広告を自分の記事に貼り、商品を紹介

→自分のサイトから購入ページに行き、購入した際にサイト運営者に収益が発生します。

 

ブログ初心者にはかなりハードルが高いです。

 

ブログ初心者にはふらっと自分のサイトに訪問した方に

「この商品はすごくいい、買おう」

と思わせるだけの記事を書く力がありません。

 

それに、ほかのブロガーに顧客を取られたりします。

しかし、Google AdSenseではクリックするだけで収益が発生します。

 

ですから、収益が発生するハードルが低く、初心者でも収益を得やすいです。

 

しかし、だれでもGoogle AdSenseの広告を貼ることはできません。

審査があるのです。

Googleが

「このサイトには広告を貼る価値がある」

と判断すれば審査に合格することができます。

しかし!

この審査が厳しいです………

試しにtwitterで

「アドセンス 不合格」と調べてください。

たくさんの人が合格できずに悩んでいます。

googleアドセンスの審査基準は?

googleアドセンスの審査基準ははっきりとはわかりません。

テストのようにあなたのブログは〇点だから不合格というようにわかりやすければいいんですが。

googleから教えられるのは
「あなたのブログは〇〇の基準に沿っていないから不合格だよ。」

その基準はメールより抜粋すると、

不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。

Google のポリシーに準拠していないサイト: お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。

AdSense スペシャリストがお申込み内容を確認したところ、プログラムの条件が満たされていないことがわかりました。プログラムのご利用を承認させていただくことができません。

このような文面が不合格の際にメールに送られてきます。

正直、どうしてダメなのかよくわかりませんよね。

それぞれの理由について詳しくみてみましょう。


不十分なコンテンツ

不十分なコンテンツと判断されるのには以下の要因があります。以下のリストはGoogleさんがくれたヒントです。

  1. ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。
  2. コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。
  3. ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。
  4. 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。
  5. ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。
  6. YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。

引用元:https://miconote.com/think-of-google-adsense-2

文字数について

Googleさんのヒントによると、ある程度のテキストがないと内容がないよと言われています。

正確な文字数の基準は明記されていません。

ですので、私のブログを例に紹介すると、

記事数:13
文字数:平均約2255文字

こんな感じでした。

大体2000字を目安に記事を書くとよいと思います。

画像について

画像は各見出しに一つを目安に貼りました。

これはいっぺこっぺさんのアドバイスを参考にしました。

文字ばかりでは読みづらい記事になります。

ブログを始めてすぐの頃、記事の内容に合った画像がなかなか見つからず全然画像を貼っていませんでした。

見事にアドセンス審査は不合格でした。

アドバイスをいただき、画像を意識的に貼るようにしたら無事合格できました。

1記事につき、3~5枚ほど画像を挿入しましょう。

見出しについて

記事を書く際のエディターにある
h1,h2,h3,…

といったhタグのことです。

hタグをつけることで見出しとして強調されて表示されます。

見出しの重要度で数字を変えます。

見出しの重要度が大きいほど、数字の小さいhタグを使います。

また、h1タグは記事のタイトルでのみ使います。

これらを守れば、意味のある段落を作成することは可能です。

作成中、テンプレートの状態とは?

先にテンプレートの状態について説明します。

テンプレートの状態とは例えば、Wordpressで新しくテーマを導入したが、デフォルトのまま使っている場合です。

サイト名を変えたり、サイドバーを変えたりしていると思うので、テンプレートの状態であるブロガーさんはまずいないと思います。

次に、作成中についてです。

自分では作成が終わっていてもGoogleが作成中と判断することがあります。

 

これは記事のカテゴリに深くかかわってきます。

カテゴリについて

記事のカテゴリを設定しますが、Google AdSenseの審査前の場合カテゴリは一つか二つにしましょう。

 

なぜなら、カテゴリが多いと作成中のブログだとGoogleに判断され、不合格になるからです。

どういうことか説明します。

例えば、一つのカテゴリに一つしか記事がない場合。

そのカテゴリについては全然情報が満たされていないですよね。

例えば、私のこの記事。

野球は世界一面白い! こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。 今日は私の大好きな野球について語ります。 スポーツ全般好きなのに、野球だ...

野球についての記事はこれしかないです。

 

これをみて、野球についての記事が作成できていると感じますか?

まだまだ、野球のカテゴリを作成するには情報が足りません。

この状況から、Googleは

このブログはまだ作成中なのか。不合格

と判断するのです。

私はGoogle AdSenseに合格するまで、この記事を非公開にして、野球のタグを削除しました。

恋愛に関する記事だけを公開し、恋愛のカテゴリだけ残したのです。

これにより、このブログの専門性が増し、有益なブログだと判断してもらえるのです。

広告コード

審査を申し込むと、審査用の広告コードをhtmlタグのhead内に張り付けるよう指示されます。

広告コードが正しい位置に張り付けられていないと、審査ができず不十分なコンテンツとみなされます。

分かりやすいナビゲーション

サイトマップを設置するなどすべてのページを閲覧できるようにわかりやすいナビゲーションを設置しなければいけません。

ヘッダーの部分にグローバルナビゲーションを設置し、サイトマップを全ページから閲覧できるようにすると、わかりやすいナビゲーションが設置されたことになります。

6のYoutubeに関する項目は私がYoutubeをしていないので割愛させていただきます。

Googleのポリシーに準拠していないサイト

以下のサイトにGoogleAdSenseのポリシーが書かれています。

AdSenseプログラムポリシー

さまざまなポリシーが書かれておりこれらに違反するとみなされた場合、不合格となります。

詳しく見ていきましょう。

クリックを促す

自分で自分のサイトの広告をクリックして表示したり、広告をクリックすることを促したりするのは当然禁止です。

コンテンツポリシー

コンテンツポリシーでは、

「これらの内容に触れた記事を書かないでください。」

ということが書かれています。

    • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
    • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
    • 衝撃的なコンテンツ
    • ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
    • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
    • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
    • 過度に下品な言葉使い
    • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
    • 望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
    • 不正なソフトウェアやアドウェア
    • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
    • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
    • アルコール飲料のオンライン販売
    • タバコやタバコ関連商品の販売
    • 処方薬の販売
    • 武器、兵器または弾薬 (銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売
    • 武器や兵器の強化や組み立て方法(武器や兵器の 3D 印刷、改造キット、8 割方完成した銃部品など)の指南
    • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
    • ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
    • その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

たくさんの項目があります。

要約すれば、犯罪に関する記事、誰かを傷つける記事、性的な記事を書いてはいけませんということです。

普通の記事を書いている限り問題はありません。

不合格である理由:大半は内容が不十分である

アドセンス審査に落ちているブログのほとんどが

ブログの内容が不十分であること

です。

きつい言い方をすれば

「読まれる決め手のない、特徴のないブログ」と判断されているわけです。

誰でも書ける、誰かの記事をまねしている、と判断されています。

読まれないブログに広告を貼っても成果が出ないので不合格になるのです。

実際に私も何度も不合格になりました。

思いついたネタを片っ端から記事にしました。

統一性のない雑記ブログができあがり、コンテンツが不十分だと判断されました。

ただ記事数があればいい、ただ文字数があればいいわけではないのです。

次回、アドセンス合格のためにすべきことをまとめます。