【大学生の一人暮らし】節約したければ家計簿をつけよう

こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。

大学生になり夢の一人暮らしを始めた方もいるでしょう。

始める前は

大学生
大学生
朝から優雅にモーニングに行く!
大学生
大学生
カフェで読書!
大学生
大学生
友達と飲み明かす!

なんてかっこいい理想を描くと思います。

誰しもが描きます。

でも!

現実はそんなに甘くありません。

月々家賃、食費、水道光熱費などなど結構なお金がかかります。

自分がやりたいことをするためには節約しなければなりませんよね。

節約するにはどうしたらいいかというのはこちらの記事にまとめております。

大学生一人暮らしにおすすめのやりやすい節約術こんにちは!HIRO(@N2tMe)です。 前回の記事から私HIROは生活費の平均よりも少ない生活費で過ごせていることがわかりまし...

今回は「家計簿」に着目して記事を書きます。

どのように家計簿をつけたらいいのか紹介します。

この記事を読んでほしい方
  • 節約術を知りたい方
  • 家計簿をつけたいけどどうしたらいいかわからない方
この記事を読んでわかること
  • 家計簿のつけ方がわかる
  • 家計簿を習慣にする方法

大学生が家計簿をつけるメリット

大学生の収入は仕送りとアルバイトの収入です。

一人暮らしをしている以上、家計は自分でやりくりする必要があります。

なにも考えず日々生きていたら必ず赤字になるもしくは貯金ができません。

家計をやりくりするには家計簿をつけることが有効な方法です。

平均支出を知る

節約するにはまず何を節約できるのかを発見するのがスタートです。

発見するために有効なのが「家計簿」です。

家計簿をつけることで何にお金を使いすぎているのか分析することができます。

これが家計簿をつけることで節約できる理由です。

家計簿のつけ方

目標を定める

家計簿をつけるのは結構面倒です。

毎回、レシートをもらわなければいけません。

書き込む際にも何に使ったかなどをいちいち書くのは大変です。

なので、挫折してしまい三日坊主になりがちです。

モチベーション維持のために目標を立てましょう。

たとえば、

変動費を月3万円に抑える

毎月1万円貯金する

半年後10万円貯めてカメラと自転車を買う

などの目標を立てます。

それらを実行するというのをモチベーションにすることで家計簿を習慣化することができます。


ノートでの家計簿のつけ方

ノートで家計簿をとる場合、二つのパターンがあります。

一つは、家計簿専用ノートを利用する

一つは、普通のノートを家計簿として利用する

この二つがあります。

家計簿専用ノートを利用する

家計簿専用ノートは以下のようなものがあります。

これは愛用している方が多いクロワッサンの家計簿専用ノートです。

540円と思ったより手ごろでありながら、忙しい主婦でも手軽に書くことができる家計簿です。

これのいいところはちょっとした日々の記録を書く欄があることです。

これがあることで先週との家計の比較や毎年つければ去年との家計の比較もできます。

また、学校行事などをメモしておくことで、毎年あるイベントに備えることもできます。

ちょっとした日記としても使えますよね。

普通のノートを家計簿として利用する

家計簿専用ノートを買ってまで細かく書くのはめんどくさいという方は普通のノートで構いません。

十分家計簿をつけることができます。

書き方としては
縦に線を引き、項目を作ります。

例)日付・金額・用途

三つ書けるように1ページを縦に三つに区切ればそれで完成です。

その際、罫線にポイントがあれば線がとてもひきやすいです。

このドット付き罫線ノートがオススメです。

また、campusのノートは書き味がとてもいいのでオススメです。

月の終わりに集計などを楽にしたいのであれば、用途別に金額を色分けするなど工夫すればノートで十分綺麗な家計簿がつけられます。

PC(エクセル)での家計簿のつけ方

ノートで書くのは面倒だしPCを持っている方はエクセルを使って家計簿をつけましょう。

エクセルの利点はテンプレートを作れば無限に何か月も利用できる点です。

ノートの場合、毎年買い替えたり、なくなったら補充したりしなければなりません。

その点、エクセルなら何年でも使うことができます。

また、テンプレートをマイナーチェンジしながら自分流の家計簿をつけることができます。

また関数を用いることで、合計金額や平均支出などを簡単に計算することができます。

今後エクセルを使う大学生であれば、エクセルを生かす練習にもなります。

エクセルのテンプレートで「家計簿」と検索すれば

誰かがつくってくれた家計簿のテンプレートを利用することができます。

 

新規でエクセルを立ち上げて「その他のテンプレート」をクリックすると上記の画面に行きます。

 

ここで、家計簿と検索すると、いくつかのテンプレートが出てきますから、自分に合いそうなテンプレートを探しましょう。

アプリでの家計簿のつけ方

ノートもエクセルも面倒な人はスマホのアプリで家計簿をつけることができます。

アプリだと項目を振り分けるのも簡単だし、いつでも家計簿をつけることができます。

こちらの「Zaim」というアプリは無料で利用することができます。

このアプリのすごいところはいくつもあります。

Zaimのすごいところ

1.レシートを撮影するだけで自動入力

家計簿の面倒な点はもらったレシートを自分で転記するところですよね。

でも、このアプリなら画像を撮ってアプリにアップロードするだけで自動入力してくれます。

レシートをもらってすぐ写真を撮れば保管しておく必要もありません。

2.口座やカードによるお金の動きも自動取得

講座やカードの情報を登録しておくことで、口座のお金の出入り、カードでの請求を自動で取得してくれます。

こんな感じに追加されます。

これによりカード決済の会計はアプリに入力する必要がありません。

さらに、給料も自動的に反映されるので貯金もしやすいです。

3.予算を設定することができる

月にいくらまで使えるという予算をつけることができます。

また、それを週ごと日ごとに割り、その日に使い過ぎなのか教えてくれます。

楽天カードのアプリ

私のおすすめとしては楽天カードのアプリです。

楽天カードのアプリに家計簿がついています。

この家計簿にはカードでの決済を自動で入力できます。

 

画像のように、クレジットの使用履歴をそのまま家計簿に反映できます。

しかも、請求される日に請求額だけを反映するのではありません。

 

なので、請求が来るまでいくら使ったのか把握できないということはありません。

二日三日ほどのタイムラグはありますが、使ったら使った金額がすぐにわかるようになっています。

これにより無駄遣いを省けるので節約に持って来いです。

まとめ

どんな媒体であれ家計簿をつけることが節約の第一歩です。

個人的には家計簿アプリを利用するのが断然オススメです。

無料ですし、なんといっても手軽さなのがいいですね。

家計簿をつけるという面倒な作業を継続することができます。

是非、インストールしてみてください!